大徳寺前の京都名物・大徳寺納豆磯田の日記

賀茂川紀行。

先日、ちょっと買い物に出たついでに

大好きな賀茂川へ寄ってみました。

 

写真を撮るのが好きで、一時期通っていた時期がありました。

主に賀茂川の鳥たちを狙っておりました。

 

でも、此処に来るだけでも、とても気持ちいいので

何かあると、ぼ~っとしに来たりします。

ここでは、それが一番です。

 

kamogawakikou-1.JPG

すごく寒い日でした。

土手の桜もかたい芽をつけていたました。

なかなか、こんなに芽をじっくり見ることはないですが、

キュッと実を硬くして寒さに耐えています。

でも着々と春の準備をしているのでしょうね。

そう思うと、とても愛おしく感じられます。

 

kamogawakikou-2.JPG

鴨たちも、そろそろ寝支度をはじめるのでしょうか?

他にはあまり見かけず、この鴨がまだ残って懸命に

潜って餌をとっていました。

この中州の所で、寝るみたいです。

 

kamogawakikou-3.JPG

賀茂川から少し西に行った所ですが

比叡山の頂に、雪雲がかぶっていました。

 

京都は、どこからでも山が見えます。

 

なので、他の土地に行ったときに何故か落ち着かない事がよくあるんですが

山が見えないことなんだと気づいた時がありました。

 

山と、川。

 

身近にいつもあるので、忘れがちですが、

他へ行って初めてそのありがたさがわかったりして

恥ずかしい限りです。

 

山紫水明とは素晴らしい言葉で、とても恵まれているんだと

気付かされて、感謝しないといけないと思っています。

 

 

 

えべっさん! 

年が明けて、ほぼお正月気分も抜けてきましたが

毎年恒例の、十日えびすに行ってまいりました。

恵比寿神社は京都の南座の西横の大和大路通りを南に行った所にあります。

正式にはえびす神社と言いますが、皆さん親しみを込めて『えべっさん』と呼んでいます。

 

ebessan-7.JPG

 

ここは、四条通から南に入る所です。

十日を真ん中に前後二日間、計5日間のお祭りで

商売繁盛を願って皆さんお参りされます。

私も、小さいころに凄い人出の中、もみくちゃになりながら

親に連れられてお参りしたのを覚えています。

今は、私が代わって行くようになりました。

 

ebessan-4.JPG

 

昨日の10日が凄い人出になったと思うのですが、

今日の昼頃に行ったので 、この道も割とスムーズに行けました。

四条通から、ほんの何百メートルぐらいですが、去年は2時間!かかりました!!

 

ebessan-2.JPG

 

着きましたね。ここが鳥居で入り口です。

 

ebessan-1.JPG

 

 

入って直ぐに、去年の御札さんや笹飾りを収めるところがあるので

そこで持ってきた去年の物を納めてから

 

右手に見える本殿でお参りさせていただきました。

 

そして、御札さんをいただいて、 左手の方に行きますと・・・

 

ebessan-3.JPG

 

巫女さんが祈りを捧げる舞を舞っておられて

そして、前では、希望される方は笹を舞妓さんが手渡してくださいます。

 

そして、その奥に行くと・・

 

ebessan-5.JPG

 

色々な飾りが置いてあって、好きなモノを

その笹につけていただけます。すごい人ですね!

 

そしてそして、それから帰るんですが・・・

 

ebessan-6.JPG

 

ちょうど、お参りした本殿の横を通って行く時に

この横の壁のところを叩いて

神様にもう一回お願いして帰ります。

面白いでしょ?!

これは、えべっさんは高齢で耳が少々遠いので大きな音で

お参りしたことを知らせて、願い事を聞いていただくようにするそうです。

 

我が家では、これが終わるとお正月から続いた行事が一段落して

一息つけます。

 

今年も、いい年になりますように、頑張ってまいりましょう。

新年のご挨拶。

 

新年 明けまして おめでとうございます

旧年中は ご贔屓賜り ありがとうございました

本年も 相変わりませず どうぞよろしくお願い致します

 

pagetop