大徳寺納豆本家磯田のホームページへようこそ!

おおきに、私どものホームページへ、ようこそおこしやす。 私どもは、ここ京都大徳寺門前にて先祖代々住み続け当代で十八代となります。その間、連綿と大徳寺納豆を伝え、作らせていただいております。 大徳寺納豆は、ありがたいことに、今日皆様に良く知っていただけるようになりましたが、もっとその魅力を伝えていきたく、またそれに繋がる様々なことも含めてご紹介させていただこうと思います。 皆様には、この『大徳寺納豆』をより知っていただき、それを育んできた『京都』の魅力を少しでも感じていただければ幸いです。

商品のご紹介

大徳寺粒納豆
大徳寺粒納豆イメージ
大徳寺粒納豆を詳しく見る
古来より大徳寺に伝わる保存食で、一般的には、お茶漬けやお酒のおつまみなどから、炒め物や和え物に刻んだ大徳寺納豆を入れていただいたり、おみそ汁などに擦り込んでいただいても香ばしい感じがして風味よく召し上がっていただけると思います。
お干菓子
お干菓子イメージ
お干菓子を詳しく見る
上白糖主体の生地で、中に小粒の大徳寺納豆を入れました。白、ニッキ(シナモン)、抹茶、の三種の味です。
お干菓子
お干菓子イメージ
お干菓子を詳しく見る
大徳寺納豆をちりばめたもので、上白糖に少し和三盆糖をまぜて口溶け良く仕上げました。
お干菓子
お干菓子イメージ
お干菓子を詳しく見る
大徳寺山門の金毛閣の瓦の意匠を取り入れたものです。紅、白、ニッキ(シナモン)の三種です。
じゃこなっとう
じゃこなっとうイメージ
じゃこなっとうを詳しく見る
厳選されたおじゃこを、鰹と昆布からとっただしををベースに醤油、酒、みりん、を入れた特製のたれをつかって炊き上げ、大徳寺納豆を加え混ぜ込みました。【只今販売を休止しております】

新着情報

2017年01月10日 磯田日記。
ホームページの左横真ん中に『磯田日記』のバーがありますが、そちらからブログの方に行っていただけます。 (この記事のタイトル『磯田日記。』をクリックしていただいても行っていただけます。)

不定期ではありますが、大徳寺納豆の食べ方や、季節のおたより、お知らせなどを載せておりますので、ご覧いただければ幸いです。
pagetop