大徳寺前の京都名物・大徳寺納豆磯田の日記

天神さん

受験シーズン真っ只中ですね。
来週には国公立大学の二次試験も控えています。
受験生さんが合格祈願に足を運ぶのは
学問の神様が祀られている神社です。京都では北野さんが有名です。

北野天満宮。
天神さんと呼ばれています。

IMG_5559.jpgb.jpg

 
今年のお正月。
初詣に出掛けました。

 

IMG_5557.jpgb.jpg

 天神様。菅原道真公が祀られています。


 

そして、こちらは烏丸の天神さんと呼ばれる
菅原院天満宮。
京都御苑の西側、烏丸通沿いにあります。

IMG_5693.jpgb.jpg IMG_5691.jpgb.jpg

 菅原清公卿(道真公の祖父)、菅原是善卿(道真公の父)、菅原道真公、
親子3代が祀られています。

IMG_5686.jpgb.jpg IMG_5689.jpgb.jpg

右の写真は、道真公の産湯の井戸です。

 


こちらは文子天満宮。
「あやこてんまんぐう」です。

文子とは多治比文子(たじひのあやこ)のことです。
多治比文子は道真公の乳母だった人です。



IMG_5716.jpgb.jpg IMG_5718.jpgb.jpg

  IMG_5711.jpgb.jpg

こちらは、北野天満宮の前身神社と言われているそうです。
東本願寺の東側、細い道をちょこちょこっと入った所にあります。

 

 

そして、もう一つ。
水火の天神さんと呼ばれる水火天満宮。

IMG_5752.jpgb.jpg

お店からこんなに近い所に天神さんがあるって意識していませんでした。
いつも自転車で前を通っているのに・・。
堀川紫明の交差点を南に少し下がったところにあります。


調べてみると、京都にも天満宮はまだまだ沢山あるようです。
また、こちらでご紹介できたらなぁ・・と思っています。

 

そして、最後になりましたが・・
受験生のみなさんの頑張りを心より応援しています!

 

 

 

高台寺と圓徳院

毎年、紅葉が綺麗な時季はなかなか出かけることが出来ないのですが・・。
今年は、秋の特別拝観も終わりに近づいた日に、
高台寺・圓徳院・掌美術館へ出かけることが出来ました。

 

IMG_5412 (編集済み).jpgb.jpg

 

高台寺は、豊臣秀吉の菩提を弔うために、
秀吉夫人の北政所(ねね)が開創したお寺です。

 
IMG_5392.jpgb.jpg

受付を通って角を曲がり、最初に目に入ったのが
紅葉の向こうに見える茅葺屋根の湖月庵でした。
そして、書院を通り、方丈へ・・。

IMG_5394.jpgb.jpg         IMG_5395.jpgb.jpg

方丈前庭は、夜間拝観で行われるプロジェクションマッピング用に立体的な模様になっていました。

IMG_5396.jpgb.jpg

そして、開山堂へ・・。
開山堂の中央の天井には北政所の御所車の天井が使われているそうです。
開山堂前の庭園は小堀遠州の作もよるものだそうです。
全体を上手く写真に撮れなかったのが残念!
ここのお庭には綺麗な紅葉もまだ残っていました。

IMG_5401.jpgb.jpg        IMG_5399.jpgb.jpg

開山堂から御霊屋へ向かうのですが、
特別拝観期間中は臥龍廊を通ることが出来ました。
御霊屋には秀吉と北政所の木像が安置されていました。
高台寺蒔絵の装飾がとても美しかったです。

御霊屋で手を合わせた後は、利休の意匠によるお茶室へ・・。


IMG_5404.jpgb.jpg

左が時雨亭。
コチラは2階建てになっていて1階が水屋で2階がお茶室になっています。
当時はここから北政所が大阪城落城の様子を見ていたのだとか・・。
右が傘亭。
もともとは安閑窟と称されていたのですが、
屋根裏が唐傘を広げたように見えることから傘亭と呼ばれるようになったそうです。
この2つは土間でつながっています。

そして、展望台へ向かいました。

IMG_5408.jpgb.jpg

展望台からは京都の街が広く見渡すことが出来ました。
写真は八坂の塔と京都タワーを結ぶようにとってみました。
この方角から右に目を移して船岡山を見つけ、うちはあの辺りかなぁ・・と探してしまいました。

展望台から竹林を抜けて出口へ向かい、すぐ向かいにある圓徳院へ。
ここは北政所の終焉の地なのだそうです。

方丈の襖絵は長谷川等伯によるものなのですが
桐紋をちらした唐紙の襖に描かれていました。
とても不思議な感じがして、印象に残りました。

 
IMG_5419.jpgb.jpg

写真は北庭です。
伏見城の化粧御殿から移されたお庭です。
庭石には当時の名だたる武将が献上したものだそうで、
掘り起こすと武将の名前が刻まれているものもあるそうです。
紅葉はほとんど終わっておりました。
でも、色づいた残りの葉がひらひらと風に舞い散る様子がとても綺麗でした。
この葉が舞い散る様子は紅葉が盛の頃には見られない景色です。
どの時季にもそれぞれの美しさを感じられるのですね。


風の強い日。
朝一番から夕方まで。
ゆっくりのんびりと高台寺と圓徳院を満喫することが出来ました!

宝蔵寺  ~伊藤若冲 縁のお寺~

京都非公開文化財特別公開の最終日。
裏寺通にある宝蔵寺へ行ってきました。



IMG_5272.jpgb.jpg

 

 

今年、生誕300年で何かと話題の伊藤若冲。
若冲は錦小路にあった青物問屋の3代目の長男として生まれます。
そして4代目を継ぐのですが40歳のときに弟に家督を譲り 絵の世界に専念するようになります。
宝蔵寺はその伊藤家の菩提寺で若冲が建立した両親と弟の墓石があります。

 

IMG_5268.jpgb.jpg



残念ながら若冲のお墓はココにはなく、
伏見区の石峯寺にあるのだそうです。

また機会があったらこちらにも出かけてみたいと思います。

 

 

IMG_5278.jpgb.jpg

 

今回の特別公開では 「髑髏図」と「竹に雄鶏図」が公開されました。
「髑髏図」は拓版画。案外小さいものだったので少し驚きました。
若冲の絵は色彩によく注目されていますが
この「竹に雄鶏図」は墨だけで書かれたもの。
色の濃さや筆使いで雄鶏が今にも絵を抜け出してきそうに描かれていました。

 

 

  IMG_5281.jpgb.jpg

 

さて、非公開文化財特別公開は今日までですが
京都にあるたくさんの神社仏閣が秋の特別拝観を行っています。

普段は拝観できないお寺をコースに入れての京都観光はいかがですか?

因みに、大徳寺ではこの特別公開で「総見院」「黄梅院」「興臨院」を拝観できますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop