大徳寺前の京都名物・大徳寺納豆磯田の日記

大雲院

大雲院へ行ってきました。

通常は非公開なのですが、
京の夏の旅 文化財特別公開ということで、
期間限定で一般公開されています。
大雲院は、織田信長、信忠の菩提寺。 寺名「大雲院」は織田信忠の法名に因んだもの。



IMG_0393.jpgb.jpg

 

烏丸御池から四条寺町に移され、
その後、再移築されたのが現在の場所。
祇園閣がある大倉喜八郎の別荘地だったそうです。
祇園閣は屋根が銅板葺になっていることから

「銅閣」とも呼ばれているんだとか・・。

内部に描かれた壁画はオリエンタルな感じです。
そして、上部からの360度の眺めは素晴らしかったです。





IMG_0398.jpgb.jpg


そして、ココのお寺には
織田信長、信忠のお墓があるのはもちろん・・・

 

IMG_0391.jpgb.jpg



なんと!
天下の大泥棒、石川五右衛門のお墓がありました。

 

IMG_0392.jpgb.jpg



京の夏の旅 文化財特別公開は
9月30日(土)までです。

 

 

 

 

 

 

今年は御朱印帳を持って・・

祇園祭 前祭 宵々山に出掛けました。

いつもは、夕方から家族で出かけることが多いのですが、
今年は色々と都合が合わず、私1人でそれもお昼間にでかけてきました。

提灯の灯りを見ることは出来ませんでしたが、
キリッと晴れた青空にそびえる鉾も見応えがありました。

IMG_0123 (編集済み).jpgb.jpg

 

そして、いつもと違うことがもう一つ。
今年は、御朱印帳を持って出かけることにしました。

それぞれの山鉾で御朱印が用意されているのをご存知ですか?
私は2年ほど前にそのことを知りました。
そして、いつか御朱印を集めてみたいなぁ・・と思っておりました。
御朱印と言っても、神社仏閣でいただくものとは少し違います。
自分で御朱印を押すのです。
スタンプラリーのようにも思えます。
ところによっては筆で書いていただけるところもあるそうです。

 

IMG_0139 (編集済み).jpgb.jpg


IMG_0140 (編集済み).jpgb.jpg


1つの山や鉾に、複数の御朱印が用意されているところもあります。
今日は10ヶ所の山鉾を見て回ることが出来ました。
もちろん、1度に全部を回れるとは思っていません。
のんびりと年数をかけて全ての山鉾の御朱印をいただくことができればと思っています。

祇園祭で御朱印を集めている方は結構いらっしゃいます。
皆さん、暑い中並んでおられました。

IMG_0129.jpgb.jpg

白楽天山で並んでいると、
「巡行の時に雨が降ると使う番傘です。日傘代わりにどうぞ。」とかしてくださいました。


そうそう、粽も忘れずに・・。
今年は月鉾の粽をいただきました。

IMG_0138 (編集済み).jpgb.jpg


祇園祭の楽しみ方って色々あるんですね。
皆さんはどのように祇園祭を楽しんでみたいですか?
祇園祭のとっておきの楽しみ方がございましたら教えて下さいね!








7月1日

7月です。
祇園祭です。

IMG_0063.jpgb.jpg


IMG_0060.jpgb.jpg


八坂神社では、長刀鉾町御千度が行われました。
この行事は、毎年7月1日に行われています。

長刀鉾町の御千度とは、長刀鉾町の役員が稚児と禿を伴って八坂神社を訪れ、
稚児と禿が選ばれたことを報告し、神事の無事を祈願することです。


IMG_0054(1).jpgb.jpg


本殿での祈祷を終えて外に出る稚児と禿。
役員が稚児・禿と素手で手をつなぐことは許されていないため、
白い手袋をしているのがわかりますか?

IMG_0057(1).jpgb.jpg


本殿正面にて参拝。
この後、本殿を3周し、正面と背面にで立ち止まり祈願します。

 

IMG_0072 (編集済み).jpgb.jpg


朝からどんよりとした曇り空でしたが
祈祷の時間には青空が広がっていました。


IMG_0044.jpgb.jpg


西楼門。
四条通に面していて目立つのでこちらが正門と思っておられる方もいらっしゃいます。
が、正門は南楼門。
この記事の最初の写真、石の鳥居のある方の門です。

 

IMG_0074.jpgb.jpg


祇園祭の期間中(7月1日~7月31日)は
期間限定の御朱印(写真左)も用意されています。

 これから1ヶ月。
祇園祭に関わる行事が目白押しです。

 

 

 

 

 

pagetop