大徳寺前の京都名物・大徳寺納豆磯田の日記

美味しいお知らせ、ありがとうございます。

先日、当店の大徳寺納豆をよくご利用いただいている方から嬉しいお知らせをいただきました。

いつも、お知り合いの方へのプレゼントとしてご利用いただいているのですが、

そのプレゼントのお礼に手作りのお菓子をいただいたとのこと。

そのお菓子には大徳寺納豆が使われていたそうです。

お写真もいただきました。

 

13046170_466353270241773_1758271303_n.jpg

 

蓬のお餅。餡の上に大徳寺納豆が添えられています。

お菓子の名前は 『 下萌 』 というそうです。

大徳寺納豆で芽を表しているのだとか・・。春のお菓子ですね!

 

 

お店に来てくださるお客様の中には、

「どうやって使ったらいいのかわからない。」と言われる方がたくさんおられます。

もちろん、お店に来られた方には言葉や文章でお知らせしていますが、

コチラのブログでも少しずつ紹介できたらいいなぁ・・と思っております。

 

もし、こんな使い方がありますよ!とオススメがございましたらお知らせいただけると嬉しいです。

きっと、まだまだ私達が知らない使い方があるはずです!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

雨宝院の御衣黄桜

今日はお天気が良かったので自転車で「雨宝院」まで行ってみました。

狭い境内に密集して何種類もの桜が咲く、隠れた桜の名所となっています。

その何種類もの桜の中に、「御衣黄桜」があります。

4月の中旬に黄緑色の花を咲かせるのですが、

「一度見てみたい!」と思いながらも、開花のタイミングに合わせて出かけることができず

何年も見逃していたのです。

「さて、今年は咲いているかなぁ?」と、ドキドキワクワクしながら自転車を走らせました。

 

IMG_4506.jpg b.jpg

 

雨宝院で有名なのは桜だけではありません。

 

IMG_4494.jpg b.jpg

 

境内に屋根のように枝を張り巡らせているアカマツは京都市の保存樹に指定されています。

久邇宮朝彦親王が参詣の際に、この樹の下で雨宿りをしたと言い伝えられており

「時雨の松」と呼ばれているそうです。

 

IMG_4495.jpg b.jpg

 

観音桜

 

IMG_4499.jpg b.jpg

 

松月桜

この桜の名前は初めて知りました。

ふっくらとしたかわいい桜です。

 

IMG_4502.jpg b.jpg

 

そして、こちらが見たかった御衣黄桜です。

細くて、あちらこちらに無造作に伸びる枝も特徴的でした。

 

IMG_4507.jpg b.jpg

 

IMG_4504.jpg b.jpg

 

そして満開!

綺麗な黄緑色の桜。

中央は薄っすらとピンク色。

わかりにくい場所にあるのに、たくさんの方が来ておられました。

皆さん、よくご存知なんですね。

 

  IMG_4515.jpg b.jpg

 

今回、ご紹介した桜だけではなく、他にも色々な桜が所狭しと咲いています。

桜の季節。細い道をすっと曲がって訪れてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

「トラりん」って知ってますか?

IMG_4474.jpg b.jpg

 

京都国立博物館のミュージアムショップに商品を納品してきました。

 

IMG_4467.jpg b.jpg

 

帰りにはトラりんがお見送りをしてくれました。

「トラりん」って知っていますか?

 

IMG_4471.jpg b.jpg

 

 

彼が「トラりん」です!

もしかして・・彼女かしら?

京都国立博物館の公式キャラクターなんですって!

 

IMG_4473.jpg b.jpg

 

「禅 心をかたちに」の期間中、

当店の大徳寺納豆と干菓子がミュージアムショップでもご購入いただけます。

 

 

 

 

 

pagetop