大徳寺前の京都名物・大徳寺納豆磯田の日記

船岡大祭

毎年、10月19日には建勲神社で船岡大祭が行われます。
建勲神社は、明治天皇により創建された神社で織田信長が祀られています。
最寄りのバス停名も「建勲神社前 けんくんじんじゃまえ」となっているように、
一般的には「けんくんじんじゃ」とか「けんくんさん」と呼ばれているのですが、
正式名は「たけいさおじんじゃ」といいます。

 

IMG_3735.JPG

 

さて、船岡大祭が10月19日に行われる理由は、
永禄11年(1568年)10月19日が信長上洛の日だからだそうです。
今年は仕舞・舞楽・放鷹術が奉納されました。

 

IMG_3699.JPG

 

仕舞 『 敦盛 』  『 小鍛冶 』

 

IMG_3738.PNG

 

舞楽 『 胡飲酒 』

 

IMG_3714.jpg blog.jpg

 

IMG_3718.JPG

 

諏訪流鷹匠による放鷹術

 

仕舞・舞楽は毎年奉納されます。
そして、今年は放鷹術が奉納されましたが火縄銃演舞や宝物展示の年もあるそうです。

 

 

船岡東通から建勲神社の脇の細道をよく自転車で走るのですが
春には満開に咲き誇る桜を見ながら・・。
秋には段々と紅葉していく木々を見ながら・・。
いつもは静かな通りが、今日は人通りが多く賑わっておりました。

 

IMG_3731.JPG

 

IMG_3733.JPG

 

鳥居をくぐり、石段を上がると
比叡山が綺麗に見えておりました。
一筋の雲が、比叡山から昇りゆく竜のようにも見えました。






 

 

秋明菊と貴船菊

お庭に咲いた貴船菊。

お店に生けて飾りました。

 

IMG_3606.JPG

 

京都に住んでおられる方が関東から遊びに来られたお友達と一緒にご来店された時のこと。

「まぁ、綺麗な貴船菊!」と京都に住んでおられるお客様。

「あら?これは秋明菊でしょ?」と関東から来られたお客様。

「どちらも正解ですよ!」と私。

 

IMG_3607.JPG

 

  IMG_3608.JPG

 

そうです。

秋明菊と貴船菊は同じお花。

貴船でよく見られることから、京都では「貴船菊」と呼ばれることが多いのです。

 

このお花、他にもいろいろ別名があるらしいですよ。

今度ゆっくり調べてみることにします。

 

 

 

 

pagetop