大徳寺前の京都名物・大徳寺納豆磯田の日記

京都の名物 秋の特別公開!

最近は、気候が連年通りとはいかず、異常気象がつづいているようですが

一応?秋は来るのではないかと思っております。

紅葉も心配ですが、少しずつ色づいてきています。

 

大徳寺では、普段は4ヶ所のお寺が拝観をされているのですが

それ以外に、春や秋などに特別に拝観できるお寺がありまして

 今年も、今、2ヶ寺が開けておられます。

  tokubetu-1.JPG        tokubetu-2.JPG

 黄梅院と総見院とが拝観できます。

 

黄梅院、総見院共に

拝観期間 10月 9日 (土) ~ 12月 5日 ( 日)

拝観時間 午前10時 ~ 午後4時

拝観料 600円 2ヶ寺共通拝観券 1000円

だということです。

 但し 黄梅院は 10月28日は休止 書院「自休軒」は修復中

総見院は 11月 14日、22日、28日は休止 10月11日は午後から拝観。11月7日は11時から拝観。

となっております。

 

秋の、京都散策に是非、加えてみてください。

 

 

 

歩歩起清風

 

急に、冷え込んできている今日この頃ですが

なかなか、気候に合わせるのが大変です。

 

木々の葉も、少しずつ色づいてきております。


  

昨日、大徳寺聚光院にて表千家不審菴の久田宗也氏の葬儀が 執り行なわれました。

それはそれは多くの方が、故人を偲び 集まってきておられました。

テレビや、雑誌等いろんな所で 茶道を広めておられるお姿を拝見しておりまして、

場所柄、何度かお見かけしたこともございます。

hototogisu.JPG  

直接、お話したこともないのですが ひとつだけ、思い出があります。


  

門前に住んでおりますので、 お茶のお寺とも言われる大徳寺を前にして

いろんなお茶の関係の方が行き来されますし、お茶会もよく開かれております。

その日も、大徳寺にて何かお茶関係の行事が 催されているようでしたが

その混雑の中、お寺を用事で自転車で 抜けようとしておりました。

すると、後ろから車が来ているようでしたので 横によけてやり過ごそうとしたところ

うしろの座席に坐っておられた方が 追い越し時に、車の中で上体を起こして、すっとお辞儀をしてくださったのです。

その方が久田宗也氏でございました。


  

その時のことが、何時までも忘れられず 今でも、心に残っております。

 

この記事の題名の 『 歩歩起清風 (ほほせいふうをおこす) 』 とは、

禅の言葉で、『その人が歩くと、その人の周囲には清らかな風が吹く』 という意味だそうです。

まさにこの言葉が当てはまる、あの時の情景でした。

 

直接、お会いしたこともありませんし、

お茶のお稽古もしていただくことなどありえませんが

なにか、あの一瞬が私へのお稽古だったのかと 勝手に感じております。

たいへんありがたい事だったと、感謝しております。

 

簡単に歩歩起清風と申しますが、そうなるには、大変なご精進があってのことだと思います。

たいへんおこがましい言い方ですが、

人として、なにかを残すとすれば、この清風なのではないかと感じました。

失礼しました。

 

ご冥福をお祈りして

ありがとうございます

 

合掌

pagetop